Blog

2021.01.13

たった一度の人生

One life to live

ここ数年、ファッションのトレンドはとても早く変化している。

とある記事によると、最近は「リセールで価格が落ちないもの」
もっと言えば「プレミア価格がつくもの」を基準に買う方もいらっしゃるようだ。

これはこれで新しい形なのだろう。

けれど、この形は、私にはフィットしない。

メンズファッションに関しては、トレンドは「あってないようなもの」と思っている。
年月とともに、シルエットやディテールは少しずつ変化を重ねてはいるが、大きなフレームは変わっていない。

時代に合わせ、小さなチューニングを繰り返しながら「今」を作り出している。

人間も同じように思う。
年齢を重ねることで、表情、雰囲気、体型、そして、社会的な役割も少しずつ変化していく。

若い頃、好んで着ていたTシャツやショートパンツが似合わなくなり
それほど好きではなかったスーツやカーディガンが似合うようになってくる。

これは、自然なことだ。

自分に似合う服を探すために、ファッション誌の提案をそのまま受け入れても
登場するモデルのようにはなれないし、そこを目指す必要もない。

自分に合う服を選び、自分に合わせたサイズに調整し、そこに自分らしさを加える。

イヴ・サンローランが残した言葉にこんな言葉がある。

Dressing is a way of life.

この言葉には、装うことの大切さや素晴らしさが込められている。

「たった一度の人生」

素敵な服を着て、素敵な時間を過ごし、素敵な出会いをするのも悪くない。
そしてそれは、日常の服を「少しだけ」変える事で手にすることができるのかもしれない。

Scroll